食べちゃダメ!猫が食べると悪影響のあるもの

食事中、欲しがる猫の仕草が可愛らしくて、つい人間の食べ物を与えてしまったことはありませんか?

普段人が食べている食べ物の中には、猫が食べると身体に悪影響を及ぼすものがあります。
食べ物以外であっても、誤飲すれば窒息や中毒を起こすものもあり、知らずに食べると猫の命に関わる場合があります。

今回は、猫が食べてしまうと身体に悪影響のある食べ物、猫が誤飲しやすいものについてご紹介していきます。

これから猫を飼う予定のある人、すでに猫を飼っている人は、ぜひ最後までご覧ください!

目次

猫の安全管理は飼い主の責任

家族と一緒に食事をするとき、猫と一緒に食事を楽しみたい気持ちはわかります。
しかし、猫には猫の身体に適した食事が必要です。

人の食事に入っている塩や砂糖などの調味料は、猫に身体には良くないものです。
猫が欲しがるものではなく、猫の身体に良いものを与えるようにしましょう。

猫の手が届くところに食べてはいけない食べ物や、誤飲の恐れのあるものはありませんか?
猫が安心して暮らせるように、一度周りの環境をチェックしてみましょう。

一緒に食事を楽しみたい場合は、猫ちゃんが食べられる料理を手作りして、飼い主さんも調味料をかけて食べると良いですよ!でも、あげすぎは禁物です!

猫が食べると身体に悪影響のあるもの

それでは、猫が食べてはいけない食べ物を危険度別にご紹介します。

絶対ダメ!猫が食べると危険な食べ物

命に関わる危険な食べ物です。
猫が絶対に口にしないように、必ず手の届かない場所に保管するか、目を離さないようにしましょう。

【猫が食べると危険な食べ物】

食べ物症状
玉ねぎ、長ねぎ、にら、にんにく重度の貧血
アボカド中毒症状
ぶどう、レーズン腎臓障害
いちじく中毒症状
パパイヤ、マンゴーアレルギー
エビ、カニ、イカ、タコ(生)意識障害
キシリトール(甘味料)意識障害、肝障害
ピーナッツ窒息、消化不良
チョコレート、ココア中毒症状

注意しておくべき危険な食べ物

与え方によっては危険な食べ物になりますので、十分注意する必要があります。

【猫が食べるとき注意が必要な食べ物】

食べ物症状
ごぼう、れんこん肝臓・腎臓障害
たけのこ、ふきのとう、春菊、水菜尿石症
りんご肥満、糖尿病
みかん中毒症状
アジ、イワシ、サバ、サンマ、カツオ黄色脂肪症
わかめ泌尿器系に障害
そばアレルギー
パン糖尿病
牛乳、生クリーム消化不良
あんこ糖尿病、肥満、腎臓病
かつおぶし、のり、にぼし、豆腐尿石症
かにかま、ハム泌尿器系に障害
ツナ内臓に負担
ミネラルウォーター(硬水)泌尿器系に障害
麦茶尿石症

猫が人の食べ物を食べてしまわないための対策

人が食事をしていると、おいしい匂いに誘われて、欲しがってくる猫もいます。
以下は、猫が危険な食べ物を口にしないための対策例です。

【猫が人の食べ物を食べてしまわないための対策例】

  • 食べ物を出しっ放しにしない
  • 生ゴミは蓋付きのゴミ箱に入れるか、部屋の外に処分する
  • 人が食事をする前に猫の食事を済ませる
  • 人の食事中は猫を別の部屋に移す

魚介類がリストに入っている事は意外かもしれませんね。他にも生魚は猫にとっては脂質が多すぎます。大丈夫なお魚も加熱してあげましょう!

猫が誤飲しやすいもの

人の生活の中で身近なものが、猫にとっては危険なものになる可能性があります。

好奇心の多い性格の猫や子猫の場合は特に、口にものを含みやすいので、飼い主が気をつけなくてはいけません。
以下は猫が誤飲しやすいものの例です。

【猫が誤飲しやすいものの例】

  • 竹串、楊枝、縫い針、ヘアピン、画鋲
  • 肉や魚の骨
  • 医薬品
  • 紐、毛糸
  • コンセントコード、イヤホン
  • 髪ゴム、輪ゴム
  • 毛布、タオル、家具などの布の切れ端
  • ティッシュペーパー
  • ビニール袋
  • ボタン、鈴電池
  • 観葉植物(ユリ科、サトイモ科、ドラセナ、多肉植物)

先が鋭くなっているものは、のどや腸内を傷つけてしまう可能性があります。
肉や魚を与える場合は、よくほぐして必ず骨を取り除くようにしてください。

人間が飲む医薬品を猫が誤飲すると、中毒症状を起こし危険な状態になる可能性があります。
小さな錠剤は口に含みやすいので、包装から取り出したら目を離さない、保管は猫が開けられない箱に入れておくなど、厳重に管理しましょう。

また、同じような形状のものとして、“ボタン電池”などの電池類は非常に危険です。
誤飲すると胃腸内で炎症やけどを起こし、最悪の場合胃腸内に穴が開くことがあります。

そして、特に身近で誤飲しやすいものとして、“紐状のもの”に注意が必要です。
猫用の紐を使ったおもちゃが多数あるように、紐状のものを好む猫はたくさんいます。

誤飲すると便と一緒に排出されることもありますが、上手く排出されなければ窒息や腸閉塞の恐れがあり、開腹手術が必要になることもあります。
猫用おもちゃや生活の日用品であっても、使用時以外はきちんとしまっておき、猫が誤飲することのないよう注意を払いましょう。

猫が誤飲するものはどれも身近なものばかりです。念には念を入れて周囲の整頓を心がけましょう。

まとめ|危険物は本当にない?猫の命を守るために確認を

今回は猫が食べると身体に悪影響のある食べ物や、誤飲しやすいものについてご紹介しました。
猫と一緒に暮らすのであれば、猫にとって安全な環境をつくるのが飼い主の責任です。

これは猫の命に関わる大切なことです。

これから猫を飼う予定のある人、すでに猫を飼っている人は、家の中を見回し、猫にとって危険なものはないかよく確認してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる