ねこの飼い方

猫ってなんてかわいいんでしょうか。

その魅力に憑りつかれ、猫を飼いたい!と思っている方は多いことでしょう。

準備をしすぎて悪いことはありません!

猫について少しでも理解を深めてください。

店 長

このサイトは猫を飼いたいと思っている自分自身が、いつか猫を飼う際に困らないようにと作ったサイトです。
僕と同じように猫を飼いたいと思っている方は、一緒に学んでいきましょう!

目次

心構え

猫に限らず、動物を飼うということは、その命を預かるということです。

可愛い!とか、欲しい!とか、安易な考えで購入して飼い始めれば、こんなはずじゃなかったと後悔します。
最後まで責任を尽くす覚悟が必要で、捨てるなど無責任な行動は厳禁です!

大きな要因の1つが飼育費用です!

自分の生活もありますし、そこにプラスして猫の飼育費用がかかります。

月に1万から2万円を猫の為に捻出できるかどうか、お財布や家族と相談しましょう。

2つめは時間です。

猫をお世話する時間もそうですが、長時間留守にすることもできなくなります。

最初の頃はマメに遊んだり、お世話できていたのに、だんだんと億劫になり、最後は後悔…
最悪捨ててしまうなんてことも。

長期不在になる旅行もできません。

知人やペットホテルに泊めることも限界があります。

厳しいことを言いますが、ネコと一緒の時間と旅行を天秤にかけ、少しでも揺らぐようなら飼育は諦めてください。

それがお互いのためです。

忙しいだろうが旅行をしたいだとか何にしても猫を最優先にできる!そういう覚悟を持ってください。

最後は理解を得る努力を惜しまないことです。

これは多くの飼い主は理解できていることだと思いますが、飼う前の心構えで忘れがちなものです。

動物を飼うという事は、人間のコミュニティーに入れるという事です。
ここでいうコミュニティーとは、自治会やご近所付き合いといった身近な物です。

大人しくカゴの中で飼っているうちはイイとしても、たちまち脱走して行方がわからなくなれば、周りを巻き込みトラブルになります。

猫ではありませんが、オオニシキヘビを脱走させて大騒ぎのニュースが記憶に新しいことでしょう。

他にも鳴き声や臭いといったトラブルの原因はあります。

普段から近隣住民の理解を得る努力をすることが、快適な飼養環境の構築に必要です。

災害時は、さらに努力が必要となります。

家が被災したなど、特殊な状況下では普段以上に周りへの理解を得る努力が必要となるのは想像に難くないですね。

猫が好きな人ばかりではない。ということを忘れないでください。

受け入れ準備

心構えが整ったら、さっそくお迎えの準備です。

お迎え先はどうしますか?

まだ決まっていないのであれば、保護猫をおススメします。

保護団体がある程度、人慣れさせてくれていますし、猫の命を守る活動の一端を担えるので、一石二鳥です。

ぜひ、保護猫も選択肢の1つに入れてみてください。

お迎え先が決まったら、今度は住まいの準備です。
もちろん並行して準備しても良いですが、猫の年齢で準備するものも変わるのでチェックしてくださいね。

お迎えしたら

お迎えして終わりではないですよね!

日頃のお世話に予防接種や避妊・去勢手術、迷子に備えてマイクロチップを埋め込むなんてこと考えられます。

一緒に暮らす中で必要なこと

快適に暮らすためには、しつけやグッズや必要ですね。

最後に|安易な気持ちで飼わないで

これらは一例にすぎず、手をかければかけるほど、猫が愛おしくなっていきます。

飼い主にしか見せない表情や甘える姿は至福です。

ですが最初に述べた通り、最後まで尽くす覚悟が必要です。

不幸な猫をこれ以上増やさないために、責任ある行動をとってくださいね。

目次
閉じる