【猫の夏バテ防止】猫の暑さ対策のための環境づくり

真夏の猛暑の中、飼い猫の様子はいかがでしょうか?
ぐったりしていたり、いつもと違う行動をしていたりしませんか?


暑い夏の時期は猫にも暑さ対策が必要です。
今回は暑い夏でも猫が快適に過ごせるお部屋環境についてご紹介していきます。


これを機に、ぜひ猫の飼育環境をチェックしてみましょう!

目次

猫は日本の夏が苦手

猫の祖先は砂漠で暮らしていたと言われています。
そのため、比較的暑さに強いというイメージがあるかもしれませんが、実は猫は日本の夏が苦手です。

というのも、日本の夏は高温多湿で、猫はその湿度が大の苦手なのです。
つまり、私たち猫の飼い主は部屋の温度と湿度をきちんと管理してあげることが必要なのです。

猫の暑さ対策

それでは、猫の暑さ対策として、具体的にどのような点に注意すべきかご紹介していきます。

ブラッシング

猫にも様々な品種がありますが、特に注意が必要なのは長毛種の猫と寒い地域出身の猫です。
長毛種の猫や寒い地域出身の猫は、寒くなると暖かい冬毛を持ち、時期が過ぎれば換毛期が訪れます。

そのため、暖かくなってきたら丁寧にブラッシングをして冬毛を取り除いてあげる必要があります。
冬毛が残ったまま夏を迎えると、熱中症になりやすくなりますので注意しましょう。

部屋の温度・湿度

猫にとって適した室温は20~28℃、湿度は50~60%です。
湿度が高すぎると体温調節がしにくくなってしまいます。

もちろんエアコンの活用は有効な手段ですが、ただ冷房の温度を下げるのではなく、日差しを防ぐグリーンカーテンや、猫の身体を直接冷やすひんやりグッズなどを併用して使うと効果的です。

また、湿度の高い日はエアコンのドライ機能がおすすめです。

水分補給

猫は水分補給をあまり積極的に行いません。
もともと砂漠で暮らしていたためか、水は節約して飲む傾向があるので、猫がちゃんと水分補給できているか飼い主が管理する必要があります。

飲んだ量がわかるメモリのついた水入れや、水を循環して常に綺麗にしてくれる給水器もあります。
水分の摂取量が心配な場合は、ウェットタイプのご飯を与えてみるのもおすすめです。
ゼリー系やスープ系など、猫の好むものを与えてみてください。

ひんやりグッズ

最近では猫用のひんやりグッズがたくさん販売されていて、マットやプレート、ベッドやソファーなど様々なものがあります。

室温調節にプラスしてひんやりグッズを併用することで、効果的に暑さ対策ができると共に、環境にも優しいエコなグッズです。
人気のひんやりグッズをご紹介する記事もありますので、ぜひあわせてご覧下さい。

サマーカット

暑い日に猫を見ていると、「その分厚い毛皮を脱げたらいいのに」と思ったりしませんか?
犬はよく“サマーカット”で毛を短くカットすることもありますが、猫のサマーカットはあまり一般的ではありません。

猫はプライドが高く繊細な動物で、全身をカットすることに抵抗のある猫もいます。
サマーカットを行う場合はかかりつけの動物病院や、トリマーさんとよく相談して行うようにしてください。

まとめ|夏を快適にするお部屋環境

今回は、暑い夏でも猫が快適に過ごせるお部屋環境についてご紹介しました。

この暑い夏を飼い猫と快適に乗り越えるために、まずはお部屋の環境を見直し、不足しているところはないかチェックしてみましょう。
もし暑さが心配な場合は早急に対策することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる