猫が雷を怖がるのは雷恐怖症かも!

猫が雷に反応して、怖がることはありませんか?もしかしたらそれは、雷恐怖症かもしれません。

雷を苦手とする人間がいるように、猫によっては雷に異常な怖がり方を見せることもあり、場合によっては対処をしてあげなければ体調を崩してしまうこともあります。

そもそも、猫が雷を怖がるのはどうしてでしょうか?

そこで今回は、猫が雷を怖がる理由や、雷恐怖症についてご紹介します。

目次

猫が雷を怖がる理由

聴覚の優れている猫にとって、雷の音はとても大きく聞こえて不快に思います。

そのため、雷の音に驚いて逃げてしまう猫もいますが、猫が雷を怖がる理由は音だけではありません。

気圧の変化を察知

雷が発生するのは、大気の状態が不安定なときや低気圧のときです。

人間でも低気圧のときに体調を崩す人がいるように、猫は敏感に気圧の変化を察知します。気圧の変化に何らかの違和感を感じて怖がる猫も少なくありません。

静電気の不快感

雷は放電現象です。人間ではあまり感じることはありませんが、猫によっては静電気による不快感から怖がることがあります。

猫の雷恐怖症について

猫が雷に対して、異常に怖がることを雷恐怖症といいます。

雷が鳴ると猫は隠れてしまうことも多く、愛猫が雷恐怖症であることに気づいていない飼い主さんも少なくありません。

怖がる度合いは猫によって異なりますが、場合によってはショック死してしまうこともあり、投薬治療を必要とする猫もいるため怖がる猫をそのままにしないようにしましょう。

猫の雷恐怖症の症状

猫の雷恐怖症の主な症状は以下の通りです。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 鳴いたり唸る
  • そわそわして落ち着きがなくなる
  • 呼吸がおかしくなる
  • 震える
  • 体がこわばる
  • 隠れる
  • 爪とぎを始める
  • 破壊行動をする
  • 攻撃的になる

飼い主さんが声をかけても反応しないことも多い猫の雷恐怖症ですが、怖がる度合いが明らかに異常な場合や、嘔吐や呼吸の異常が見られるときは獣医師に相談してください。

猫が雷を怖がるときの対処法

猫が雷を怖がるときは、飼い主さんはどう対処してあげたらいいのでしょうか。

いつもと変わらずに接する

猫が雷を怖がるときは、まずは飼い主さんが雷を怖がらず、いつもと同じように猫に接することが大切です。

飼い主さん自身が雷を怖がると、猫は雷は怖いものだと認識して、ますます怖がるようになってしまいます。

雷恐怖症の症状が出ているときは叱らない

雷恐怖症の症状が出て、破壊行動、鳴く、唸る、攻撃的になるといったことが猫に見られても、絶対に叱らないようにしてください。

猫は雷に対する不安や緊張でいっぱいいっぱいになっているところに、さらに嫌なことがあると、ストレスが極端にかかってしまうことになり体調を崩しやすくなってしまいます。

安心できる場所を作ってあげる

猫は暗くて狭い場所が落ち着くため、猫が安心して隠れられる場所を作ってあげましょう。

屋根付きのハウスやダンボールハウス、ケージに毛布をかけるなど、猫が逃げ込める場所を普段から用意しておくようにしてください。

獣医師に相談しよう

猫の雷恐怖症は心の病気です。怖がる度合いがひどいときは、猫のためにも獣医師に相談しましょう。

まとめ|猫が雷を怖がるときは対処してあげよう

今回は、猫が雷を怖がる理由や、雷恐怖症についてご紹介しました。

猫の雷恐怖症は、猫の怖がる度合いによっては動物病院を受診しなければいけないこともあり、そのままにしてしまうのは猫にとってストレスでしかありません。

雷は人間でも怖いと感じる人が多いものですが、猫のためにも冷静に対処してあげましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる