キャットタワーの付属品【ハンモック、爪とぎ、おもちゃ】

前回は『シチュエーションに合わせたキャットタワーの選び方』と『おすすめのキャットタワー4選』について記事にしました。

今回は“キャットタワーの付属品”に注目してご紹介します。
引き続き飼い猫にぴったりなキャットタワーを追求するために、本記事をご活用いただければ幸いです。

目次

キャットタワーの付属品とは

キャットタワーの付属品って何?

“キャットタワーの付属品”とは、ここではキャットタワーの“支柱”を除いたパーツのことを総称して呼んでいます。
複数のパーツがあらかじめセットになっているキャットタワーもあれば、最低限のパーツのみのシンプルなキャットタワーもあります。

キャットタワーの付属品紹介

それでは、キャットタワーの付属品の種類をご紹介していきます。

【キャットタワーの付属品】

  • 棚板
  • ハウスハンモック
  • 爪とぎ(麻縄支柱、取り外しの爪とぎ)
  • 透明ボウル
  • はしご
  • おもちゃ(ポンポン、ねずみ、縄)

棚板

キャットタワーには猫が飛び乗る丈夫な棚板が不可欠です。
狭すぎると大型猫は乗らないので、十分な広さと厚みのものを選びましょう。

ハウス

猫が一人で休めるレストハウスとなります。
特にワンルームで猫を飼っている場合は、猫が自分だけの個室として使用できるので、おすすめの付属品です。

ハンモック


ハンモックも猫のくつろぎスペースです。
設置方法は紐で結ぶタイプ、フックで引っかけるタイプ、あらかじめキャットタワーに取り付けられていて着脱できないタイプなどがあります。

紐の部分は劣化しやすいので、定期的にチェックしておきましょう。

爪とぎ

キャットタワーの“支柱”部分に麻縄が巻かれ、爪とぎになっているものをよく見かけます。
麻縄は繰り返し使用するとボロボロになっていく消耗品です。

その他にも布製の巻きつけるタイプ、ケースや金具で固定する段ボールタイプなど様々な種類があります。

透明ボウル

キャットタワーの棚板やルーフに取り付ける透明なボウルです。
猫が入ると足の裏やお腹が透けて見えるので、普段と違う姿を見ることができます。

はしご

上段へ上がるための階段としてキャットタワーに取り付けられています。
ただし、猫のジャンプ力は1mを軽く飛び越えることができます。

そのため、はしごを使用せずにジャンプで登る場合が多いかもしれません。

おもちゃ

キャットタワーに取り付けたおもちゃが自然に揺れ、猫の一人遊びに活用できます。
ただし、猫のおもちゃは消耗品です。

劣化が激しいようなら取り替えるか撤去しましょう。

飼い猫にあったキャットタワー

一言で“キャットタワー”といっても、その形や付属するパーツは様々で、多くの選択肢があります。

高さがあるものがいいのか、レストハウスが必要なのか、一人遊びに使うのか、運動不足解消を目的とするのか、飼い猫にとって何が一番必要なのか、ご検討の上ご購入いただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる