猫は色がわかるって本当?好きな色や嫌いな色について

大きく美しい猫の目。猫はどんな世界を見ているのか気になることはありませんか?

一昔前であれば、猫は白と黒の色しか識別できないと考えられていましたが、猫の目の器官からそうではないことがわかってきました。

そこで今回は、猫が好きな色や嫌いな色についてご紹介します。

目次

そもそも猫がわかる色とは?

実は、猫と人間の目の構造自体はそこまで大きな変わりはありません。
人間は色を識別する細胞が猫よりも多いため、赤色、青色、緑色を識別することができますが、果たして猫は何色がわかるのでしょうか。

猫がわかる色

猫がわかる色は、青色と緑色です。これは、猫が明け方や夕暮れに行動する薄明薄暮性の生きものであるため、多くの色を識別する必要がなかったことが関係していると考えられています。

猫に見える世界

猫がわかる色は青色と緑色ですが、人間が知覚できる色とは赤、青、緑の3色で白色から黒色まで作りだすことのできる不思議なものです。

猫は赤色を識別できませんが、それ以外の色はわかるため、猫の見ている世界は赤色がほかの色に見えるだけ。

猫は視力が悪いことから、もやがかかったようにぼんやりとしていますが、白黒の世界を見ているわけではありません。

ネコはどんな世界を見ているのか:比較映像ギャラリーのリンクはこちら

猫が好きな色は?

猫のわかる色や見える世界を知った上で、猫の好きな色はどんな色なのでしょうか。

赤系の色

意外にも、猫が1番好きな色は赤系の色です。猫は赤色がわかるわけではないのに、なぜ好きなのかは未だ解明されていません。

赤色やピンク色が好きな猫はとても多いため、猫が使用するおもちゃやベッドなどをピンク色のものにしてあげると喜ばれるでしょう。

黄色と緑色

赤色やピンク色の次に猫が好きな色は、黄色と緑色です。これは単純に猫が識別しやすい色で、はっきりとわかる色だからです。

蛍光色

猫が好きな色に蛍光色があります。

蛍光色にはピンク色や黄色、緑色などさまざまなカラーバリエーションがありますが、猫が好きな色であることが多いですね。

蛍光色の中でも赤色やピンク色が特に好きな色なので、蛍光ピンクなどのおもちゃを用意してあげるといいかもしれません。

猫が嫌いな色は?

猫に好きな色があるように、嫌いな色もあります。猫はどんな色が嫌いなのでしょうか。

黒色

猫が嫌いな色は黒色です。これは、黒色が猫の天敵であるカラスを連想させるためだと考えられています。

また、黒色は猫がはっきりとわかる色で、威圧を感じやすい色でもあります。黒色の服を着た人には近寄らないという猫もいるため、飼い主さんが自宅で黒色の服を着るのは控えたほうがいいかもしれません。

灰色

もう1つ、猫が嫌いな色に灰色があります。灰色は猫にとってわかりにくい色であり、見えにくいためです。

灰色のおもちゃに反応が薄い猫は多くいるため、灰色のおもちゃなどを購入するのは避けましょう。

まとめ|猫が好きな色を取り入れてあげよう

今回は、猫がわかる色や好きな色と嫌いな色についてご紹介しました。

猫は言葉を話せないため、本当のことは誰にもわかりません。しかし、さまざまな統計や研究から導き出された猫の好きな色や嫌いな色は、普段の生活に取り入れることができるのではないでしょうか。

猫のくつろぐ場所やおもちゃには好きな色を、猫が苦手なケアを飼い主さんがするときは嫌いな色の服を着ないなど、役立つことはたくさん!

愛猫がよりすごしやすい環境で生活できるように、猫の目にする色は考えてあげましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる