猫に散歩は必要なの?散歩のメリットデメリット

現在、猫は完全室内飼いが推奨されており、猫を外に出す機会はほとんどないのではないでしょうか。

散歩なんてとんでもないと考えている飼い主さんもいるでしょう。

しかし、野良猫だった猫を保護した場合、外を恋しそうに眺めている姿を見ると、散歩させてあげたほうがいいのかと悩んでしまいますね。

そこで今回は、猫に散歩は必要なのかについてと、散歩させるメリットやデメリットをご紹介します。

目次

猫に散歩は必要?

結論から言ってしまうと、猫に散歩は必要なわけではありません。

しかし、外で暮らしていたことのある猫や、好奇心が強い猫、外が好きな猫では散歩によって良い刺激になることもあります。

猫の性格にもよりますが、散歩は必要ではないけれど散歩させてあげたほうがいい猫もいるということは覚えておきましょう。

猫に散歩させるメリット

猫に散歩は必要ではありませんが、猫にハーネスやリードをつけて散歩させている飼い主さんの姿を見て、愛猫にも散歩させたいと思っている飼い主さんもいるでしょう。

嫌がる猫を無理に散歩に連れ出す必要はありませんが、外が好きな猫では散歩をさせることで得られるメリットもあります。

ストレス発散

外が好きな猫や好奇心旺盛な猫では、散歩に行くことでストレス発散になります。

普段とは違った匂いや景色を見ることで刺激となり、猫の好奇心を満たしてあげることができるでしょう。

また、日の当たる時間の散歩では日光浴にもなり、幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されるため、それまで抱えていたストレスを軽減してくれる働きも期待できます。

防災対策

猫に散歩をさせるときは、必ずハーネスとリードを使用します。

ハーネスとリードに慣れてもらっていれば、災害時の避難はもちろん、避難所での生活にも役立ちます。

これは散歩に行かない猫でも必要な行為のため、防災対策として室内でもハーネスとリードに慣れてもらいましょう。

外に慣れることができる

猫が外に慣れることは、動物病院や災害時など、家から連れ出したときにパニックにならないというメリットがあります。

猫に散歩させるデメリット

猫にとって散歩はメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

ノミやダニに寄生される恐れがある

完全室内飼いの猫でもノミやダニに寄生されることはありますが、散歩に出ればそのリスクは高くなります。

猫を散歩させるさせないに関わらず、ノミやダニの予防は定期的に行うようにしましょう。

病気をもらってしまう可能性がある

猫を散歩させていれば、野良猫に遭遇することもあり、野良猫に近寄ってケンカともなれば感染症などの病気をもらってしまうことがあります。

ワクチン接種を行い、病気の予防をするようにしましょう。

脱走されてしまう恐れがある

猫に散歩させるデメリットで一番注意したいのが、脱走です。

散歩の途中にハーネスから体が抜けて脱走してしまうことはもちろん、大きな音などにびっくりして突然走り出し、飼い主さんの手からリードが離れてしまうことも。

もしものことを考え、マイクロチップの装着をしておくようにしましょう。

まとめ|猫に散歩は必ずしも必要ではない!

今回は、猫の散歩の必要性や、散歩させるメリットデメリットをご紹介しました。

猫に散歩は必要ではないため、無理に連れ出す必要もありませんが、猫の性格を見極めて判断しましょう。

また、猫に散歩をさせるときは散歩コースの安全を確認することはもちろん、猫の体がすり抜けないようなぴったりしたハーネスを用意するようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる