猫の涙やけの原因は?ケア方法を解説

猫の目元の毛が茶色く変色してしまう涙やけ。猫が涙を出したり目やにがでるのは自然なことですが、涙やけがひどいのは「自然なこと」の一言では済まされないこともあります。

猫に涙やけが起こるのはどんな原因があるのでしょうか。

そこで今回は、猫の涙やけの原因やケア方法をご紹介します。

目次

猫の涙やけの原因は?

猫の涙やけの原因は涙が多く流れ出てしまうことで、涙に含まれる成分を栄養に雑菌が繁殖して引き起こされるためです。ここでは、涙やけが起こる根本的な原因を見ていきましょう。

生まれつき

猫の種類によっては、生まれつき涙の出る穴から鼻に抜ける管(鼻涙管)が狭かったり、詰まりやすいことがあります。

涙が上手く鼻に排出されずに目から溢れ出し、涙やけを引き起こしてしまいます。

病気

猫の涙やけの原因が「流涙症(りゅうるいしょう)」と呼ばれる涙が多く作られる病気であることも考えられます。

流涙症の原因はほかの目の病気や鼻の病気であることも多いため、涙がいつも流れているような猫では一度動物病院を受診するようにしてください。

流涙症を引き起こす原因は以下の通りです。

  • 目の外傷
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • ブドウ膜炎
  • 緑内障
  • 眼瞼内反症
  • 鼻涙管狭窄
  • 腫瘍
  • 感染症

逆さまつげ

猫が逆さまつげなどで目に刺激がある状態でも涙やけの原因になります。

逆さまつげが原因であった場合は猫の目元の毛をカットすることで改善されますが、飼い主さんが目元の毛をカットするのは危険なため、動物病院やトリミングサロンでお願いするといいでしょう。

猫の涙やけのケア方法は?

猫の涙やけの原因はさまざまで、根本的に解決をしなければ涙やけが治ることはありません。しかし、自宅でできるケア方法はあります。

猫の涙やけのケア方法

猫の涙やけのケア方法は、涙が出ていたら拭き取ってあげることです。

涙やけ専用のクリーナーなどをコットンなどに含ませ、口元から目頭に向かって拭いてあげます。

このとき、コットンの端などが猫の目に入らないように注意してください。

また、猫の目に目やにがついている場合では、コットンで目やにをふやかすように少し押さえてから、目やにをつまむようにして目頭から口元に向かって取り除いてあげましょう。

COCOLUCY(ココルーシー) 涙やけ・目やに除去ローション

食事の見直し

猫に与えているキャットフードを見直してみましょう。添加物がたくさん使用されているものや脂質が多いものは猫の体内で老廃物となり、老廃物が多すぎると鼻涙管を詰まらせてしまう原因となることがあります。

猫の年齢に合った食事であるか、栄養バランスは偏っていないか、添加物は多すぎないかなど、見直すポイントはたくさん!

猫によっては食事を変えただけで涙やけが改善することもあるため、食事も涙やけのケアには欠かせないということを覚えておきましょう。

まとめ|猫の涙やけの原因に合わせて適切なケアをしてあげよう

今回は、猫の涙やけの原因やケア方法についてご紹介しました。

猫の涙やけは、何もせず放置していても命にかかわるようなことはありません。しかし、涙やけの原因が何らかの病気であった場合は、失明してしまうこともあります。

愛猫にいつまでも快適にすごしてもらうためにも、涙やけがある場合は原因を突きとめ、必要であれば適切な治療を受けさせてあげましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる