猫にキャットウォークは必要?キャットウォークの選び方も!

猫のためにキャットタワーを用意している飼い主さんは多いですが、キャットウォークはなかなか購入を踏み切れない飼い主さんもいるのではないでしょうか。

そもそも、キャットウォークは猫に必要なのかも疑問ですね。そこで今回は、猫のキャットウォークの必要性や選び方をご紹介します。

最近では賃貸物件に設置できるキャットウォークもあるため、この機会に考えてみましょう。

目次

猫にキャットウォークは必要?

猫は自由気ままにあちらこちらを散策したい生きものです。しかし、完全室内飼いが推奨されている今、猫の世界は家の中だけ。

運動不足の解消や自由に散策したいという気持ちを満たしてあげるためにも、キャットウォークは必要です。

また、階段の踊り場などにある窓に無理して近づこうとする猫もおり、落下やケガの防止のためにもキャットウォークは活用したいものです。

猫に満足してもらえるキャットウォークの選び方!

キャットウォークの選び方で押さえておきたいポイントは2つです。ここでは、キャットウォークの選び方を見ていきましょう。

人間目線で選ぶ

キャットウォークはキャットタワーのようにコンパクトではありません持ち家か賃貸物件かでも選び方は変わってくるため、どんなキャットウォークを選べばいいかよく考えてみましょう。

種類メリットデメリット
壁に取り付けるタイプ・安定感がある
・好きなように設置できる
・壁に穴を空ける必要がある
・簡単に移動できない
据え置きタイプ・壁に穴を空ける必要がない
・好きな場所に移動することができる
・猫の身体能力に耐えられず倒れることがある
天井突っ張りタイプ・壁に穴を空ける必要がない
・据え置きタイプよりも安定感がある
・簡単に移動できない
・しっかり安定させて突っ張らないと倒れることがある
足場がガラスやアクリルタイプ・室内の圧迫感を軽減できる
・下から猫の肉球やくつろいでいる表情を見ることができる
・滑りやすい
・ガラスタイプは重い

猫目線で選ぶ

キャットウォークは飼い主目線で選ぶだけでなく、猫目線で選ぶことも重要なポイントです。

猫は高いところに登るのは得意ですが下りるのは苦手なため、上り下りがしやすいキャットウォークを選んであげましょう。

猫によってはキャットウォークを移動する手段としてだけでなく、寝たりグルーミングをしたり遊んだりとさまざまなことを行うことが考えられるので、幅のあるものを選ぶようにしてください。

おすすめのキャットウォーク3選!

賃貸物件にも使用することができるおすすめのキャットウォークをご紹介します。

animacolleキャットロードプラス

アニマコレ(animacolle) キャットタワー キャットロードプラス

体重が15kgまでの猫が使用できる透明アクリル樹脂のキャットウォークです。壁に取り付けるタイプですが、壁へのダメージを考えて画鋲程度の穴で済みます。

圧迫感なく使用できるだけでなく、下から肉球やお腹など見たい放題!好きな位置に取り付けることができるため、キャットタワーなどと組み合わせて使用することもできます。

LOWYA TVボード

LOWYA  TVボード

テレビ台と一体になった据え置きタイプのキャットウォークです。大型家具なので安定感は抜群!壁に穴を開けたくない人におすすめです。

猫が喜ぶハウスや交差ステップなど、猫が使用しやすいように考えて作られています。もちろんテレビ台の収納も十分なスペースがありますよ!

ニャンダフルシェルフ

ニャンダフルシェルフ 横幅2520mm

突っ張りタイプのキャットウォークです。壁に穴を開けることなく使用できるほか、オプションでアクリルボードやハンモック、爪とぎやサイドステップ、収納BOXなどを付けることもできます。

組み立て式ですがリサイクル紙が基本の素材となっており、ネジなどは使用しないので女性でも簡単に組み立てられます。体重1~5kgの猫が同時に5~6匹使用できるとあって、多頭飼いのご家庭にもおすすめです。

まとめ|猫に喜んでもらえるキャットウォークを選ぼう!

今回は、猫のキャットウォークについてご紹介しました。

上下運動が好きな猫はキャットタワーがあれば十分というわけではなく、高いところを自由に移動できる通路も必要です。

さまざまなキャットウォークが販売されていますが、飼い主目線だけでなく猫目線も考えてしっかり吟味して選んであげましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる