猫用フードのパッケージの見方は?チェックするポイントも!

普段何気なく手にしている猫用フード。店舗にズラリと並んでいると、どれを選んでいいかわからなくなりますね。

とりあえずテレビCMで目にしたものや、パッケージの写真やデザインで選んでしまう人もいるでしょう。

でもちょっと待って!パッケージの見方がわかれば、選ぶフードやおやつも変わってくるかもしれません。

大切な愛猫が口にするものだからこそ、しっかり選んであげましょう。

目次

猫用フードのパッケージの見方!

2009年の「ペットフード安全法」の施行により、ペットフードのパッケージには「名称」「賞味期限」「原材料名」「原産国名」「事業者名及び住所」の記載が義務化となりました。

「給与方法」「成分」「内容量」「目的」は自主規制ですが、ほとんどのメーカーが記載しています。

原材料名の見方

原材料名には、使用した原材料や添加物がすべて記載されています。

しかし、原材料そのものに含まれる添加物についての表示は任意のため、書かれていないこともあります。

成分表の見方

  • 粗タンパク質
  • 粗脂肪
  • 粗繊維
  • 灰分
  • 水分

成分表には上記5つの成分含有量が%で記載されています。これは成分保証分析値となり、「粗」とついたものは、「おおよそ」の数字になります。

パッケージをチェックする際のポイント!

実際に猫用フードのパッケージを見ながらチェックしてみましょう。

原材料の順番

(画像)ヒルズサイエンス・ダイエットPRO健康ガード避妊・去勢後~

原材料が書かれている順番は、使用されている原材料が多い順です。

「ヒルズサイエンス・ダイエットPRO健康ガード避妊・去勢後~」では、一番最初に「米」が書かれているため、主原料は米となります。

次いでコーングルテンも炭水化物。残念ながらチキンは3番目の表記のため、炭水化物のほうが多いフードです。

猫には良質なタンパク質が不可欠なため、一番最初の記載が肉や魚であるものを選んであげましょう。

添加物の有無もチェック

こちらのフードにも添加物は使用されていますが、猫の健康を害するとまでは言えない添加物なので、安心しても大丈夫でしょう。

猫に好ましくない添加物は以下のものです。健康被害を起こすこともあるため、現在猫に与えているフードやおやつの原材料をチェックしてみてくださいね。

【猫に好ましくない添加物】

プロピレングリコール / 亜硝酸ナトリウム / ソルビン酸カリウム / エトキシン / BHA / BHT / グリシリジン / アンモニエート / 着色料の赤色・青色

猫用フードのパッケージで注意することも!

販売されているものは安全…という安全神話は猫用フードには通用しません。なぜなら、ペットフードはあくまでも「雑貨」扱いになるからです。

パッケージの原材料のチェックは大切ですが、それ以外にも注意することが!

国産と書いてあっても国産じゃないことも

パッケージに「国産」と書いてあったら、何となく安心しますよね。

しかし、最終加工をした場所を記載しているだけなので、原材料が国産とは限りません。

親切なメーカーではメーカーのHPに原材料の産地を載せていたりするため、気になる人はチェックしてみましょう。

賞味期限が長すぎるものは気を付けて!

猫用フードには、ドライフードや半生フード、レトルトや缶詰などのウェットフードなど、さまざまな種類があります。

レトルトフードや缶詰などは2~3年の賞味期限になっていても不思議ではありませんが、ドライフードや半生フードで1年以上のものは注意が必要です。

パッケージ自体に長期保存ができる工夫をしている場合もありますが、人工保存料や防腐剤を使用している場合も。原材料のチェックをしっかり行いましょう。

まとめ|愛猫のためにもフードのパッケージはチェックしよう!

今回は、猫用フードのパッケージの見方についてご紹介しました。

「食」が健康を作るとも言うくらい、フードの内容はとても大切です。

もちろん、人工添加物がたっぷり使用されたフードを食べ続けても元気で長生きする猫もいるように、個体差があるため猫にどんな影響が出るかは誰にもわかりません。

しかし、できれば猫の健康リスクは負いたくないものです。

パッケージの見方を知るだけでフードに限らずおやつの選び方も変わってくるので、愛猫のためにもしっかり覚えておいてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる