猫がいる家で蚊取り線香を使っても大丈夫?その影響を調査!

春から秋にかけて登場する蚊はとても不快な存在ですね。プーンという羽音は耳障りで、刺されれば痒みに襲われます。

猫にとっても蚊は大敵!フィラリアに寄生される心配もあり、できれば蚊取り線香を使いたいと考えたことはあるでしょう。

しかし、猫がいる家で蚊取り線香を使用しても大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、蚊取り線香が猫に与える影響についてご紹介します。

目次

蚊取り線香が猫に与える影響は?

蚊取り線香には殺虫成分が含まれています。殺虫成分と聞くとなんだか体に悪そうですが、猫にどんな影響があるのでしょうか。

猫に影響はない

蚊取り線香に使用される殺虫成分は「ピレトリン」や「ピレスロイド」です。

人間をはじめ、猫や犬などの哺乳類や鳥類にはこの殺虫成分を体内に取り込んでも分解できる酵素を持っているため、おしっこと一緒に排出することができます。

そのため、蚊取り線香は猫に影響がなく、安全に使用することができます。

ただし、蚊取り線香の煙には注意!狭い空間で煙が充満していれば人間でも具合が悪くなるのですから、使い方には十分に注意しましょう。

ペット用と人間用の違いって何?

蚊取り線香は人間用とペット用が販売されていますが、何が違うのか気になった人は多いのではないでしょうか。

医薬部外品と動物用医薬部外品

法律の関係で、人間用の蚊取り線香は厚生労働省の承認を受けた「医薬部外品」です。

それに対してペット用の蚊取り線香は農林水産省の承認が必要で、「動物用医薬部外品」となります。

販売するための許可をもらう場所が違うため、人間用やペット用というように分けているのです。

成分に違いはほとんどない

人間用の蚊取り線香もペット用の蚊取り線香も、成分はほとんど一緒です。そのため、人間用の蚊取り線香を猫がいる家で使用しても問題はありません。

ただし、人間用の蚊取り線香の中には防腐剤の「ビトロ酢酸ナトリウム」を使用しているものもあり、ビトロ酢酸ナトリウムによって猫が体調を崩してしまうこともあるため十分に注意してください。

また、人間用でもペット用でも、香料にアロマの精油を使用していることがあります。猫の健康を考え、アロマの精油を使用していない蚊取り線香を選ぶようにしましょう。

猫がいる家におすすめの蚊取り線香は?

猫がいる家におすすめの蚊取り線香をご紹介します。

「蚊取り線香バウBOW-WOW」

蚊取り線香バウBOW-WOW

「蚊取り線香バウBOW-WOW」は、天然除虫菊を使用して作られた蚊取り線香です。天然のピレトリンの蚊取り線香は少ないため、天然成分にこだわる人にはおすすめです。

ただし、火をたいて使用するタイプの蚊取り線香なので煙がでます。煙全般にアレルギー反応を示す猫もいるため、猫にくしゃみや痒がるなどの症状が現われたときは煙のでないタイプの蚊取り線香に替えてあげましょう。

アースペット「ペット用アースノーマットセット」

ペット用アースノーマットセット

「ペット用アースノーマットセット」は、コンセントに差し込むことでリキッドを加熱させ、薬剤を蒸散してくれるリキッド式の蚊取り線香です。

煙が出ることなく安全に使用でき、猫にイタズラされても大丈夫なように強化素材を使用して作られているほか、コードカバーもついて安心です。

ドギーマン「薬用蚊取り安泉香」

薬用蚊取り安泉香

「薬用蚊取り安泉香」は、常温で置いておくだけで薬剤が揮発して広がってくれるため、火も電気も使用したくないという人には嬉しいですね。

ゲル状になっており、置いておくとどんどんゲルが減っていきますが、半透明の容器に入っているため減り具合もすぐに確認することができます。

まとめ|蚊取り線香は猫がいる家で使っても大丈夫!

猫がいる家で蚊取り線香を使用しても大丈夫です。猫のフィラリア予防のためにも、蚊除け対策はしっかり行っておきたいものですね。

さまざまなタイプの蚊取り線香が販売されていますが、使用する場所や猫の体質や性格に合わせて選んであげるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる