猫にアロマオイルは危険?アロマは使用できない?

猫を飼っている人ならば、「猫にアロマは危険」ということを1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、ペット用シャンプーや虫除けスプレー、ときにはキャットフードなどにもアロマが使用されていることもあり、本当に危険なのかそうでないのか判断に悩みますね。

そこでペットセラピストの資格を持つ筆者が、猫とアロマの関係についてご紹介します。

猫の飼い主が抱える、アロマのモヤモヤした悩みを解決してください。

目次

猫にアロマオイルが危険な理由は?

実は、日本獣医学会でも「現時点ですべてのアロマオイルに毒性があると断定できていないが、使用するならば猫に安全性が確認されているものを」としています。

逆に言えば、いくつかのアロマオイルは毒性があると断定されていることになるのですが、そもそも、なぜ猫にアロマオイルが危険とされているのか詳しく見ていきましょう。

そもそもアロマオイルとは

本来、アロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)は異なるものですが、違いがわからず混同している人も少なくないでしょう。

アロマオイルは、人工香料や天然香料、エッセンシャルオイルをアルコールなどで希釈したものなど、さまざまあります。

一方、エッセンシャルオイルは天然成分100%のものを指しますが、アロマオイルもエッセンシャルオイルも猫に使用することはできないため注意してくださいね。

猫は代謝しにくいから

合成香料を使用したアロマオイルの成分である「フェノール」は、人間を含む哺乳類にとって急性毒性のある成分です。

また、アルコールで希釈したアロマオイルであれば、猫の体内にアルコールが残りなかなか代謝されません。

さらに、猫は肉食動物のため、体内に植物を消化・分解する機能がほとんどありません。エッセンシャルオイルのような植物をギュッと濃縮したものはなかなか代謝されずに蓄積され、中毒を起こしてしまうのです。

猫の皮膚が薄いから

アロマオイルは猫の皮膚から体内に吸収されます。猫の表皮は人間の半分以下と薄く、影響を受けやすいです。

猫のいる部屋でアロマオイルを使用するのは危険だと言われるのも、猫に直接アロマオイルを使用しなくても皮膚から吸収されてしまうためです。

猫に使用できるアロマは?

では、猫にまったくアロマが使用できないかと言えば、そうではありません。アロマオイルは使用できませんが、アロマウォーターやフローラルウォーターなら使用することができます。

アロマウォーターとは

アロマウォーターは、エッセンシャルオイルを抽出するときにできる香り付きの天然水です。「芳香蒸留水」とも呼ばれています。

しかし、販売されているもの中には合成香料やアルコール、防腐剤などを使用したものもあるため、選ぶ時は原材料をしっかりチェックしましょう。

また、フローラルウォーターもアロマウォーターと同様に芳香蒸留水ですが、天然成分100%であることがほとんどです。

猫にアロマウォーターを使用する方法

アロマウォーターやフローラルウォーターは、猫のブラッシングスプレーにしたり、マッサージをするときなどに使用できます。

使用する際は、アロマウォーターやフローラルウォーターを精製水で2~5倍に薄めてスプレーボトルに入れて使用しましょう。

また、スプレーは直接猫の顔にかけないように注意してくださいね。

猫におすすめのアロマウォーターと期待できる効能

猫におすすめのアロマウォーターは以下の3つです。

  • ローズウォーター
  • ラベンダーウォーター
  • オレンジフラワー(ネロリ)ウォーター

おすすめのアロマウォーターと共に、期待できる効能をご紹介します。

フロリハナ オーガニックフローラルウォーター ローズダマスク

フロリハナ オーガニックフローラルウォーター ローズダマスク

ローズウォーターは、鎮静やリラクゼーションの効能があります。抗菌作用もあるため、猫の目の周りや耳を拭くなどのちょっとしたお手入れに使用することができます。

フロリハナ オーガニックフローラルウォーターワイルドラベンダー

フロリハナ オーガニックフローラルウォーターワイルドラベンダー

ラベンダーウォーターは、鎮静やリラクゼーション、日焼けや湿疹の予防などの効能があります。防虫作用もあるため、虫除けスプレーとしても使用できます。

生活の木 ネロリ(オレンジフラワー) フローラルウォーター

生活の木 ネロリ(オレンジフラワー) フローラルウォーター

オレンジフラワーウォーターは、保湿やリラクゼーションの効能があります。防虫作用や抗炎症作用、肌の若返り作用も期待できるため、乾燥肌の猫におすすめです。

まとめ|猫にアロマオイルは使用しないで!

今回は、猫にとってアロマオイルが危険な理由や、使用できるアロマウォーターについてご紹介しました。

アロマには使用しても問題のないものもあり、すべてが危険というわけではありません。

しかし、猫の体に悪影響を及ばさないためにも、アロマオイルやエッセンシャルオイルはくれぐれも使用しないでくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる