猫にケージが必要な5つの理由

「ケージに入れるのはかわいそう」

「猫のストレスになるのでは?」

猫を飼う準備をしている中で、「猫にケージが必要か」についてお悩みの人もいるのではないでしょうか。

そう思われがちな猫のケージには、猫にも飼い主にもいくつかのメリットがあります。

今回は、猫にケージが必要な理由を5つご紹介します。

目次

猫のケージは飼い始めに必要なものの1つ

ケージは猫を家にお迎えするときに用意してほしいものの1つです。
というのも、猫が新しい環境に慣れるまで待避所として用いたり、猫が一人になりたいときに活用できます。

また、お迎えするときに用意しておけば、環境に慣れると共にケージにも慣れてくれます。

「猫には自由気ままに過ごして欲しい」
そう考えるのであれば、ケージを使うかどうかも猫に委ねてみるのもいいかもしれません。

猫にケージが必要な5つの理由

ケージは猫にとっても飼い主にとっても、メリットのある利用方法があります。

それでは、猫にケージが必要な5つの理由を紹介します。

①安全確保

飼い主が家を空けて不在のときや就寝しているときなど、飼い主の目の届かない間に猫の安全を確保することができます。

例えば人間の食べ物や薬など、猫が食べると害のあるものの誤飲を防ぐ効果や、ものを倒したり壊したりしてケガをするリスクを防ぐ事が期待できるんです。

さらに、万が一災害が起こったとき、猫の命を守るシェルターになることもありますので、普段は使わない場合でも、小さめのケージを用意しておくことをおすすめします。

②安心できるスペース

猫は縄張り意識の高い動物です。
そのため、自分だけのスペースとしてケージを利用することもできます。

猫がくつろげるベッドをおいたり、一人で安心して排泄できるようにトイレを置くのもおすすめです。

③体調不良時など安静にさせる

避妊・去勢手術後や体調不良のとき、安静にさせるためにケージを利用します。
麻酔が抜けきっていない状態や身体が不調のとき、走って転倒したり、高いところに登り転落するなどのケガのリスクを防ぐことができます。

④多頭飼いを始めるとき

先住猫がいる場合、すぐに一緒にするのではなく、徐々に慣れさせていく必要があります。
このとき、お迎えしたばかりの猫をケージに入れ、先住猫の方から近づいてくるまで様子を見てください。

2匹をよく観察し、威嚇したり怯えたりせず、お互いに興味を示しているようであればケージから出して様子を見ましょう。

⑤飼育エリアをまとめる

食事、水飲み場、トイレ、ベッドなど、猫の生活に必要なものをケージの中にまとめます。
すると猫はケージ内を自分の場所だと自覚することができますし、飼い主にとっても、基本の生活スペースを分けることが可能です。

また、猫グッズを一カ所にまとめることで、掃除の手間も少なく済みます。
この利用方法は、特に部屋のスペースが限られているマンションやアパート暮らしの人におすすめです。

まとめ|猫と飼い主の安心・安全・快適のために

ケージは猫を閉じ込めておく場所というよりも、猫に安心と安全を与える場所です。
そんな場所になるように、飼い主が少し工夫をすれば、きっと猫のお気に入りの場所になります。

ケージにも色々な大きさや種類がありますので、利用方法に合わせて選んでください。
飼い主と猫の生活スタイルにぴったりのケージを用意し、準備万端で猫をお迎えしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる