猫の片目がおかしいのは病気?原因や対処法をご紹介

猫の片目だけがおかしいと感じることはありませんか?

猫の片目だけ目やにが出ていたり、しょぼしょぼしていたり、開かないなんてこともあり、「あれ?変だな?」と思う飼い主さんは少なくないでしょう。

そこで今回は、猫の片目がおかしいときに考えられる原因や対処法についてご紹介します。

目次

猫の片目がおかしいときに考えられる原因

猫の片目がおかしいときは、どんな原因が考えられるのでしょうか。

ゴミが入った

猫の目に、ホコリや自分の毛、食べもののカスや花粉といったゴミが入ると、異物が入った違和感から片目を気にしてこすったり、涙か出る、開かないなどのことがあります。

ケガをしている

どこかにぶつけたりして、猫の眼球が傷ついてしまったり、目の周りをケガしてしまっていると、痛みで目を開けることができなかったり、ケガをしたほうの目だけ涙が出るということもあります。

病気が原因であることも

猫の片目がおかしいときは、病気が原因のこともあります。

猫の片目がおかしいときに考えられる病気は以下の通りです。

  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 眼瞼炎
  • 感染症
  • 猫風邪
  • 鼻炎
  • 歯周病

猫の目とは関係のないような病気も多々あるため、注意が必要です。片目がおかしいほかに、くしゃみや鼻水といった明らかな症状がある場合は動物病院を受診してください。

猫の片目がおかしいときの対処法

猫の片目がおかしいと気づいたときは、どう対処してあげたらいいのでしょうか。

目薬をさしてあげる

猫の片目が開かない、しょぼしょぼしているなどの場合、猫の目に何かゴミや異物が入っていないか確認しましょう。

明らかに目に異物が入っているときは、そのままにしておくと眼球を傷つけてしまう恐れがあるため猫用の目薬をさして洗い流してあげましょう。

猫用の目薬が手元にない場合は、スポイトなどに水道水を入れ数滴垂らします。人間用の目薬は刺激が強すぎるため、絶対に使用しないでください。

目やにが出ていたら拭いてあげる

猫の片目が開かない原因が目やにである場合は、ぬるま湯に湿らせたガーゼを猫の目に当て、目やにをふやかしてから優しく撫でるように拭いてあげましょう。

このとき、ガーゼが猫の目の中に入らないように注意してくださいね。

こんなときは病院へ

猫の片目がおかしいときに動物病院を受診するタイミングは以下の通りです。

  • 目やにの色が黄色や緑色といった膿のような色
  • 目やにに血が混じっている
  • 目やにがゼリー状
  • 目やにや涙が多い
  • 目が充血している
  • ずっと片目が開かない
  • 異物が取れなかい
  • 目を気にしてこする
  • 目の周りが腫れている

このほか、ほかにも気になることがあれば自己判断せず獣医師に相談しましょう。

まとめ|猫の片目がおかしいときはそのままにしないで!

今回は、猫の片目がおかしいときに考えられる原因や対処法についてご紹介しました。

猫の目に異物が入ることは珍しいことではなく、通常であれば自分の涙で押し出すことができますが、いつまでも片目を気にするようなときは対処してあげましょう。

また、猫の片目がおかしい原因はさまざまなことが考えられるため、そのままにするのではなく動物病院を受診してくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる