【模様で性格が違う?】日本猫 実は色々ある毛色と模様

私たち日本人にとって、最も身近な猫の種類“日本猫”。
そんな日本猫の毛色や模様には、意外と色々な種類があることをご存じでしょうか?

また、「猫は模様によって性格が違うって本当?」「三毛猫のオスは珍しい」

今回はそんな噂や日本猫の特徴についてご紹介していきます。

目次

日本猫の特徴

島国である日本では、日本特有の特徴を持ったいわゆる“日本猫”が有名ですよね。
品種名は“ジャパニーズ・ボブテイル”として世界的に知られています。

短くくるんと丸まったしっぽが日本の猫最大の特徴であり、体格は中ぐらいで手足が太く、やや丸く頬が張り鼻筋が通った顔、短毛というのも多く見られます。

日本猫の毛色や模様

それでは、日本猫の毛色や模様の特徴について詳しくご紹介していきます。

単色

  • 白猫
  • 黒猫

まずは単色の毛色の日本猫をご紹介します。

白猫

白猫は真っ白な毛色を持ち、目は青や金色が多く、中には左右の目の色が異なる“オッドアイ”の猫もいます。

黒猫

黒猫では、実は本当に全身真っ黒な猫は珍しく、多くの黒猫は一部に白毛が混じっていること多いです。

柄・模様

  • 三毛猫
  • トラ猫
  • サビ猫
  • ブチ猫

次に、複数の毛色の猫や模様が入った毛色の猫をご紹介します。

三毛猫

三毛猫はブラック、レッド、ホワイトの3つの毛色を持っています。
それぞれの毛色の割合は様々なので、猫によって個性があるのも素敵です。

ちなみに・・・
三毛猫にメスが多いのは、毛色を決定するDNAがそもそもY染色体にあるため本来三毛猫はメスしか生まれない仕組みになっています。

オス猫が生まれるのは突然変異であり、宝くじが当たる確率より少ない確率で生まれてくる程レア。
だから「縁起がいい」との理由で南極探検隊にも随行した事がある程珍しい存在なんです!

トラ猫

トラ猫は縦縞模様が入った猫ですが、トラ猫だけでも種類は豊富!

ブラウンに縞模様がブラックのキジトラ、オレンジがかった茶色にやや暗いレッドの縞模様は茶トラ、グレーがかったシルバーにブラックの縞模様がサバトラです。

ちなみに・・・
サバトラは模様が魚の“サバ”に似ていることから名前がつきました。おいしそうな模様ですね!

サビ猫

サビ猫はブラックとレッドの毛が入り混じった模様です。
一見地味な色合いだと思われがちですが、日光に当たると高級感のある鮮やかな色に見えることから「べっこう」とも呼ばれます。

ブチ猫

ブチ猫はホワイトとブラックの毛色を持つ猫が多いです。

日本猫を代表する毛色の組み合わせで、斑点模様やタキシードを着ているような猫、白いソックスを履いているような猫など様々な個性が光る毛色と言えるでしょう。

毛色や模様による性格や特性

それでは、猫の毛色や模様による性格の違い、特有の性質についてまとめます。
あくまで“傾向がある”という話であり、個体差があるため目安としてご覧ください。

【毛色や模様による性格や特性】

経路・模様性格や特性
毛色・模様性格や特性
白猫賢い 自然界で目立つ色をしているため、注意深く利口
黒猫慣れている人に甘える
三毛猫遺伝子の関係でほとんどがメス メスが多いためか、お姫様気質で気が強い
キジトラ人懐っこく好奇心旺盛 自然界に溶け込む色のためか、狩りが得意
茶トラ甘えん坊
サバトラ物静かで落ち着きがある
サビ猫物静かで臆病

まとめ|どの毛色・模様も魅力的な日本猫

今回は、日本猫の毛色や模様、性格や特性について注目してご紹介しました。

海外出身の猫に比べ、どっしりとした体格に地味な毛色の日本猫。

しかし、特有の可愛らしさと個性を持っているのが魅力的なんです!

お気に入りの毛色や模様は見つかりましたでしょうか?
これから猫を飼う、将来猫を飼いたい!という人はぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる