天竜キャットタワーの樹脂(プラスチック)は店長が設計!

プラスチック部分ってどうなってるの? 

キャップの部分が壊れたりしない?

天竜キャットタワーはパーツの全てが国産というだけではなく、高級木材である天竜無垢材や、自然系浸透型塗料のVATONを使用し、とにかく天然素材にこだわっています。

そんな中でもプラスチックを使用している唯一のパーツが支柱についている樹脂キャップです。

プラスチック部分は流石に天然素材とは言えませんが、それでも国産の原料を使い、細かいところまでこだわっています!

今回は天竜キャットタワーに使っている樹脂キャップの特徴とおおまかな作り方をまとめました。

天竜キャットタワーを支える影の主役、樹脂キャップのことを知って頂ければ天竜キャットタワーの魅力も更に知って頂けると思います!

目次

樹脂キャップとは

天竜キャットタワー専用樹脂キャップ

樹脂キャップは天竜キャットタワーの支柱の上下に装着しているプラスチック製のキャップで、支柱同士を合体させる役割を持ちます。

耐熱性、耐強度性、加工性に優れたABS樹脂を原料に使用しており、樹脂キャップの中心にはネジを取り付けるためのインサートナットを埋め込んでいるものです。

ABSとは、樹脂の原料であるA(アクリロニトリル)B(ブタジエン)S(スチレン)の頭文字を取ったもの。
それぞれの物質に耐熱性や耐強度性などの強みがあり、混ぜ合わせる事によりそれぞれの良いところを引き出した樹脂に仕上がっています。

国産素材にこだわっている天竜キャットタワーでは、樹脂キャップでさえも国産にこだわりました。
国産かつ、キャットタワーの規格に合わせなければならないことから、この樹脂キャップはにゃんこ100%のハーリー店長が自ら設計したものを使用しているんです!

天竜キャットタワーの樹脂キャップができるまで

3DCAD設計画面

キャットタワーには末端ながらも欠かせないパーツである樹脂キャップ。
そんな国産にこだわった特注樹脂キャップができるまでの工程をお伝えしたいと思います!

①3DCADを使って設計図を作成

3DCADは建築業界や製造業界ではいまや欠かせないソフトウェアのひとつです。
従来では紙の図面に図形や寸法を描き、製品の仕様を決定していました。

3DCADを使う事により、紙で設計した図面よりも立体的かつ正確に設計する事が出来ますし、3Dプリンターを使用する事により設計した図面を実物にすることが可能です。

ハーリー店長もまた3Dプリンターで樹脂キャップの試作品を作り、微調整を重ねてこだわりの樹脂キャップが出来上がりました。

店 長

久しぶりの3DCAD操作に腕が鳴りましたよ!

②工場打ち合わせ

3DCADで設計し調整が済んだ樹脂キャップを基に、型を作って量産体制をつくります。
型を作ってしまえば容易に量産ができますが、そのためには綿密な打ち合わせが必須。

提携している神奈川県の樹脂工場と流動解析や材質などの打ち合わせを重ね、製造方法や使用原料を決めました。
そのため、一口にABS樹脂材が原料と言っても、天竜キャットタワーの強度計算に基づいた比率で原料が混ぜ合わされているんです。

流動解析とは
溶けた樹脂の流れを可視化し、圧力や温度、収縮量などを解析することにって成型品ができるまでの不良の予測や原因の分析をすること。

解析により、設計や製造方法に問題がない事を確認した後は実際に型を作ります。

作りたいものが実際に作成できるか、それに適した素材はなにか・・・というのを綿密に打ち合わせしました!

③射出成型

工場との打ち合わせにより、天竜キャットタワーの樹脂キャップは射出成型法での製造が採用されました。

射出成型法とは、加熱してドロドロに溶けた樹脂を型に注入して成形する方法です。
注射のように注入することによって複雑な形状に対応でき、設計した形状を忠実に再現できるという強みがあります。

一度金型をつくってしまえば必要な時に工場へ発注するだけなので、高品質の樹脂キャップなのにこれ以上の手間がかからず、結果としてコストダウンにも繋がるというわけです。

小さい物で言えばシャンプーのボトル、大きなものではテレビの背面など、身近なプラスチックはこの射出成型法で作られています!

④インサートナットを埋め込んで完成!

樹脂キャップ装着タイムラプスとハーリー店長

あとはネジ穴用のインサートナットを埋め込んだら特製樹脂キャップの完成!
そしてそれをこだわりのサイザル麻ロープを巻き付けた紙管に取り付けたら天竜キャットタワーの支柱が完成です!

まとめ|末端まで国産にこだわった作り

支柱と支柱をつなぎ合わせる役割を持つ樹脂キャップは、天竜キャットタワー専用のものを使用しています。


中国などで生産された既成品は安価で入手することができますが、そもそも強度が足りなかったり、未認可の有害物質を使っている可能性があったりと、まさに安かろう悪かろうの事態に・・・。

だから天竜キャットタワーでは品質と安全性にこだわり、国産の樹脂を使用した特注の樹脂キャップを選択しました。
中国製のものと比べると価格は高くなってしまいますが、大切な猫ちゃんが安心して長い間使えるように細部までこだわった結果です。

是非、末端のパーツまでこだわった天竜キャットタワーで、猫ちゃんとずーっと一緒に遊んでくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる