どこに設置する? 猫のケージ最適な置き場の条件

猫のケージを用意しよう!

そうと決めたら、次に考えるのは置き場所です。

家の中のどんな場所がケージ置き場に適しているのか、その条件をご紹介していきますので、ぜひご自宅と照らし合わせてご覧ください。

猫のケージを使用するかどうか、お悩みの方はこちらの記事もおすすめです。

目次

猫のケージ設置の条件

それでは『猫のケージ置き場の条件』についてご紹介します。

【猫のケージ置き場の条件】

  • 気温差が激しくない
  • 人の出入りが少ない
  • 飼い主の気配が感じられる

気温差が激しくない

日中に家を空けている間、猫が退屈してしまわないようにと、ケージを“窓際に置く”ことをお考えではありませんか?
確かに、窓の外を見るのが好きな猫は多いので、景色という点ではいいかもしれません。

ただし、ケージを窓際におくことで日差しによる室内の温度の変化が考えられます。
窓の大きな部屋は特に、日差しによる室温の変化を考慮し、窓際からケージを離す、もしくはカーテンやサンシェードで直射日光を避けるようにしましょう。

人の出入りが少ない

猫がさびしくないようにと、人通りの多いリビングにケージを置いているという人はいませんか?

実は、リビングなど人の多い場所へのケージの設置はあまりおすすめできません。
なぜなら、猫が一人になりたいときやリラックスしたいとき、誰にも邪魔されずに眠りたいときのための休憩所の役割がケージにはあるからです。

飼い主の都合だけではなく、猫にとって快適な環境を探してあげましょう。

飼い主の気配が感じられる

“人通りの多いところを避ける”ということで、家族が集まるリビングから遠く、隔離された部屋にケージを設置するべきかというとそれも違います。

人の気配を全く感じられず、部屋に独りぼっちでケージに入れられるなんてことになれば、猫は自分だけが仲間外れされている感覚に苛まれてしまいます。

まとめ|猫がケージを好きになれる場所

結局のところ、猫のケージを置く場所はどこがベストなのか。
おすすめの場所としては、リビングなど人の集まる場所に隣接した部屋で、扉は開け放し、大きな窓がある場合はカーテンやサンシェードで日差を遮ぎった場所です。

「そんなベストな場所はない!」というお家でも上記の条件を考慮し、できるだけ快適な場所にケージを設置するよう心がけてみてください。
猫にとってケージが快適な場所となるように、まずは置き場所から考えてみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる